徳島県板野郡北島町|インプラント 審美 ダイレクトボンディング|ぬまたデンタルクリニック

ぬまたデンタルクリニック

インプラント診療

インプラント診療画像納得・安心の技術と設備で、食べる喜び、笑う喜びをもう一度

虫歯や歯周病、突然の事故など、人はさまざまな原因で歯を失います。歯を失うことで、食べ物がよく噛めない、正し発音できないなどのからだの問題ばかりでなく、食事を楽しめない、人前で自然な笑顔が作れない、年老いて見えるなど心の問題と深く関わってきます。インプラントは、そんな悩みを解決し、自分の歯が再生したような快適な暮らしを実現します。

ライン インプラント治療とは
インプラント治療画像

インプラント治療とは、何らかの原因で失ってしまった歯の代わりに、あごの骨にチタン製のネジを埋め込み、かぶせ物をして人工の歯を作る治療です。失った歯をこれまでと同じように機能させることが可能な、画期的治療法です

インプラントのメリット
  • よく噛むことができます。インプラントは直接あごの骨に埋め込まれますので、自分の歯に近い感 覚で噛むことができます。
  • 入れ歯やブリッジに比べて、見た目が自然で発音しやすくなります。(審美的でしゃべりやすくなります。)
  • 隣り合う健康な歯を削らずにすみますので、残っている自分の歯の寿命を延ばすことができます。
  • 噛んだときに、残っている歯にかかる力の負担を小さくしてくれます。
  • 形が天然の歯に似ているので、入れ歯やブリッジに比べてお口の掃除がしやすくなります。また、見た目の印象も若々しくなります。
インプラントのデメリット
  • インプラント治療は健康保険の適用ではありません。治療には専門的な知識、技術が必要であり、さらに通常よりも精度の高いかぶせ物や上質の材料が必要となります。またインプラント手術は、衛生管理の面で安全性を徹底するために使い切りの器材を多用します。以上のようなことから、インプラントの治療費は比較的高額になります。
  • 治療期間が他の治療に比べて長くかかります。治療期間は最短でおおよそ4 ヶ月から半年程で、インプラントの本数が多い場合や骨を増やす処置も行う場合などでは、1年以上になることもあります。(治療期間には個人差があります。)
  • 外科的な治療(手術)が必要になります。しかし、当院のインプラントの治療は「高性能歯科用CT」 を導入し、コンピューターシミュレーションによる診断で、オペ時間の短縮、術後の痛みや腫れも軽減し、患者様の負担も最小限にすることが可能となりました。また麻酔専門医による「静脈内鎮静法」を希望される患者様に行っておりますので、ご安心ください。
インプラント治療の流れ 診査診断
診査診断画像

インプラントを埋め込むあごの形や噛み合わせを診査するため、お口の中の型を取ります。
あごの骨の量や質を検査するため、レントゲン撮影、またはCT撮影を行います。

手術
手術画像

麻酔をかけて行いますので痛みはありません。骨を削りインプラントを埋め込 み、蓋を取り付けて粘膜を閉じます。骨の状態などによっては、術式が異なります。

手術画像1

1回法の場合
1回法の手術の場合は、大きめの蓋を取り付けて、お口の中にその蓋が見える
ようにして手術をして終了します。

手術画像2

2回法の場合
2回法の手術の場合は、一度目の手術の治癒期間終了後、粘膜を開けて、大き
い蓋に取り替える二度目の手術を行います。

仮歯装着
仮歯装着画像

治癒したところで場合によっては、仮歯を作り、実際に使用していただきながら形態や装着感などを確認します。
噛み合わせや強度に違和感があれば医師と相談し、本歯の作成に向けてデータを集めていきます。

最終的な歯の装着
最終的な歯の装着画像

仮歯の装着で得た情報を基に歯並びや色をチェックして最終的な本歯
を作製します。作製した本歯を装着し、治療が完了します。

メンテナンス
メンテナンス画像

治療が終わった後も、定期検査をしながらきちんと管理していきましょう。インプラント治療そのものよりもこの定期管理が一番大事です。咬合療法研究会の会員である当院は、歯周病だけではなく噛み合わせのチェックも行います。

インプラント治療シュミレーション 隣接歯を1、2本失った場合
ブリッジ   インプラント治療
  • 噛む際に、削られた歯に負担がかかり痛みやすい
  • 歯根のない歯茎は、噛むことによる刺激がないた め、 次第にやせてしまう
 
  • 健康な歯を利用しないため、自分の歯を保てる
  • 歯茎に噛む力がかかるので、歯茎を健康に保てる
奥歯を含めて複数の歯を失った場合
部分入れ歯   インプラント治療2
  • 金属のバネにかける健康な歯に負担がかかる
  • 常に違和感がある
  • 金属のバネが見えて、見栄えが良くない
  • 金属のバネの間に食べ物が詰まりやすく、丁寧に掃除をしないと、虫歯や口臭の原因となる
  • 歯を失った部分から『骨吸収』が始まり、顎の骨がやせていく骨が1年で1mm吸収(10年で最大1cmも!!)
 
  • インプラントは時間の経過とともにあごの骨と結合するため、歯を支える力は健康な歯とほとんど変わらない
  • 単独で処置するので、健康な歯をそのまま保てる
  • 外観も機能も天然の歯と変わらない感覚が得られ、違和感がない
  • 特別なケアの必要がない
全ての歯を失った場合
総入れ歯   インプラント治療3
  • 入れ歯がぐらついたり、ずれたりする
  • 硬いものが噛めない
  • 入れ歯が舌を塞いで、味がわからない
  • 食べ物が入れ歯と歯茎の間に挟まり、痛む
  • あごがやせてしまったために、年老いて見える
  • 歯を失った部分から『骨吸収』が始まり、顎の骨がやせていく骨が1年で1mm吸収(10年で最大1cmも!!)
 
  • インプラントはあごの骨に固定されるため、ぐらつかない
  • 天然の歯と変わらない感覚で物を噛んだり、味わうことができる
  • 食べ物が挟まることはほとんどない
  • 天然の歯と同様の外観を保つため、年老いて見えることはない
全く歯のない方のための総インプラントオールオン4とは オールオン4画像 たった1日で取りはずしの要らない歯に
All-on-4(オールオン4)とは、総入れ歯をお使いの方や多くの歯をなくした方のための最先端のインプラント治療法です。従来、全ての歯を失った方にインプラント治療を行う場合、骨の移植をしたり、8~14本のインプラントを埋め込むのが一般的でした。そのため患者様の身体・費用ともに負担がかさむという不安要素がありました。オールオン4は、埋め込むインプラントの数が最少4
(※)。骨の移植なども必要ありません。抜歯からインプラントの埋め込み、仮歯の装着まで、1日で行うことが可能になり、従来の不安要素を解消す
ることができます。※あごの骨の状態によってはインプラントの本数が多くなることもあります。詳しくはご相談ください。

オールオン4によるインプラントの配置画像 インプラント当院診療事例

抜歯即時埋入(抜歯と同時にインプラント埋入)

抜歯即時埋入 術前術後

上顎全歯インプラント

上顎全歯インプラント 術前術後1

上顎全歯インプラント

上顎全歯インプラント 術前術後2 インプラント治療 治療費について

(表示価格は税別です。)

コンピューターシミュレーション代 無料
インプラント ¥320,000~330,000/1本
※骨移植 傾斜埋入・スプリットクレストによる技術料含む。
人工骨費用のみ頂きます。 (¥10,000~50,000)
オールオン4 1本あたり ¥167,000
アクリルレジンメタルフレームタイプ ¥2,000,000~2,300,000
セラミックメタルフレームタイプ ¥2,500,000~3,000,000
麻酔専門医による静脈内鎮静法 ¥60,000

※年齢、骨の量、質、欠損状態、噛み合わせ等によりインプラントの費用、期間、方法等に個人差があります。
詳しくはカウンセリングにてご説明します。